映画を語らせろ!〜映画徒然日記〜

映画レビューなどではなく、ただただ映画について語りたがりな人間のブログ

映画徒然日記Vol.41「正月スペシャルPART4」

まだまだ、休みだと思っていた正月休みもあっという間。 正月スペシャルと題してやってきましたが、これで最後! それでは、まずはこちらから! 「華氏119」(2018/アメリカ) 監督/脚本 マイケル・ムーア キャスト マイケル・ムーア、ドナルド・トランプ 20…

映画徒然日記Vol.40「正月スペシャルPART3」

あっという間に新年になって、4日が終わろうとしております。 働きたく無い・・・。 そんな、現実逃避をしたくて映画を見ております。 正月スペシャルPART3です。 今日は、この二本! 「戦争のはらわた」(1977/イギリス・西ドイツ) 監督 サム・ペキンパー …

映画徒然日記Vol.39 「正月スペシャルNo.2」

正月スペシャルPART2です! 映画漬けの正月を送っている2日も終わろうとしております・・・。 「響-HIBIKI-」(2018/日本) 監督 月川翔 原作 柳本光晴 脚本 西田征史 キャスト 平手友梨奈、アヤカウィルソン、高嶋政伸、柳楽優弥、吉田栄作、小栗旬、北川…

映画徒然日記Vol.38「正月スペシャルNo.1」

あけましておめでとうございます! 2020年の幕開けでございます! 今年も、さまざまな映画について語って参りますので、よろしくお願いします! 今回は、正月スペシャルと題しまして この長期休日に鑑賞した映画をご紹介していきます! まずは、こちら! 「…

映画徒然日記Vol.37「2019年ベスト5!!」

2019年最後の投稿でございます。 今年は、自分で想像していた以上に投稿し これも、読んでくださる方がいらっしゃった事がとても励みになりました! ありがとうございました! 来年も、よろしくお願い致します。 という事で、今年最後の投稿は 私個人が選び…

映画徒然日記Vol.36「誘拐報道」

・「誘拐報道」(1982年・日本) 監督 伊藤俊也 脚本 松田寛夫 キャスト 萩原健一、小柳ルミ子、藤谷美和子、宅麻伸、伊藤四郎、三波伸介、平幹二朗、丹波哲郎 1980年に発生した、宝塚市学童誘拐事件を描いていた作品。 原作は、朝日新聞社が書いたものの為 主…

映画徒然日記Vol.35「サムライ」

「サムライ」(1967年/フランス) 監督/脚本 ジャン・ピエール・メルヴィル キャスト アラン・ドロン、フランソワ・ペリエ、ナタリー・ウッド、カティ・ロシェ、ミシェル・ボワロン アラン・ドロンが「太陽がいっぱい」で一躍スターに駆け上り、正にノリに…

映画徒然日記Vol.35「キツツキと雨」

「キツツキと雨」(2012年/日本) 監督 沖田修一 脚本 沖田修一、守屋文雄 主題歌 星野源「フィルム」 キャスト 役所広司、小栗旬、高良健吾、古館寛治、平田満、伊武雅刀、山崎努 久しぶりに痛快な邦画を見て大満足!! 声を出して笑える映画が少なくなっ…

映画徒然日記Vol.34「愛と哀しみのボレロ」

愛と哀しみのボレロ(1981年/フランス) 監督/脚本/製作 クロード・ルルーシュ音楽 フランシス・レイ、ミシェル・ルグランキャスト ロベール・オッセン、ニコール・ガルシア、ジェラルディン・チャップリン、ジョルジュ・ドン、ジェームズ・カーン 「人間の…

映画徒然日記Vol.33 「欲望のバージニア」

「欲望のバージニア」(2012/アメリカ) 監督 ジョン・ヒルコート 原作 マット・ボンデュラント 脚本 ニック・ケイヴ キャスト シャイア・ラブーフ、トム・ハーディ、ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク、ミア・ワシコウスカ、ガイ・ピアース、ゲイ…

映画徒然日記Vol.32 「ミッドナイト・バス」

「ミッドナイト・バス」(2018・日本) 監督 竹下昌男 原作 伊吹有喜 キャスト 原田泰造、山本未來、小西真奈美、遠藤雄弥、葵わかな、長塚京三 文藝春秋から刊行された伊吹有喜の同名の本が原作。 すっかり、役者として主役まで張る様になった原田泰造…

映画徒然日記Vol.31 「ラスト・エンペラー」

「ラスト・エンペラー」(1978年・イタリア/中国/イギリス) 監督 ベルナルド・ベルトルッチ 脚本 ベルナルド・ベルトルッチ、マーク・ペプロー 製作 ジェレミー・トーマス 音楽 坂本龍一、デイヴィッド・バーン、スー・ツォン キャスト ジョン・ローン、…

映画徒然日記Vol.30「子連れ狼 三途の川の乳母車」

「子連れ狼 三途の川の乳母車」 監督 三隅研次 原作 小池一雄 脚本 小池一雄、小島剛夕 製作 勝新太郎、松原久晴 キャスト 若山富三郎、松尾嘉代、大木実、小林昭二、岸田森、新田昌玄 冥府魔道に堕ち乳母車に息子を乗せて、一殺五百両で刺客として旅をする…

映画徒然日記Vol.29「スパイ・ゲーム」

「スパイ・ゲーム」(2001年/アメリカ)監督 トニー・スコット 脚本 マイケル・フロスト・ベックナー、デイヴィッド・アラタキャスト ロバート・レッドフォード、ブラッド・ピット、キャサリン・マコーマック トニー・スコットが、この世を去って7年が経つ。…

映画徒然日記Vol.28 「3月のライオン」

「3月のライオン」(2017・日本) 監督 大友啓史 原作 羽海野チカ キャスト 神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、伊藤英明、佐々木蔵之介、豊川悦司 出てくるキャラクターは、みんな将棋に人生をかけている。 自分には、将棋しかないのだと将棋に人生を…

映画徒然日記Vol.27 「アイリッシュマン」

「アイリッシュマン」(2019/アメリカ) 監督 マーティン・スコセッシ 脚本 スティーヴン・ザイリアン キャスト ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシ、ハーヴェイ・カイテル 1980年に、マーティン・スコセッシが監督しロバート・デ・ニーロが…

映画徒然日記Vol.26 「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」(2017年/タイ) 監督 ナタウット・プーンピリヤ キャスト チュティモン・ジョンジャルーンスックジン、チャーノン・サンティナトーンクン、ティーラドン・スパパンピンヨー、イッサヤー・ホースワン 秀才たちが、お…

映画徒然日記Vol.25「ゾディアック」

「ゾディアック」(2007年/アメリカ) 監督 デヴィッド・フィンチャー 原作 ロバート・グレイスミス キャスト ジェイク・ギレンホール、マーク・ファレロ、ロバート・ダウニー・jr、アンソニー・エドワーズ 1968年から1974年にかけてアメリカに震撼を与えた…

映画徒然日記Vol.24「遠すぎた橋」

「遠すぎた橋」(1977年/アメリカ・イギリス) 監督 リチャード・アッテンボロー キャスト ショーン・コネリー、アンソニー・ホプキンス、マイケル・ケイン、ライアン・オニール、ジェームズ・カーン、エドワード・フォックス、ローレンス・オリヴィエ、ジ…

映画徒然日記Vol.23 「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」 監督 アンディ・ムスキエティ 原作 スティーヴン・キング キャスト ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャスティン、ビル・スカルスガルド、ビル・ヘイダー、イザイア・ムスタファ、グザヴィエ・ドラン …

映画徒然日記Vol.22  「一級機密」

「一級機密」(2017年/韓国) 監督 ホン・ギソン キャスト キム・サンギョン、キム・オクビン、チェ・ムソン、チョン・イル クソがつくほど、真面目な軍人が軍と企業の腐敗を暴こうとする姿をとてもシンプルに 分かりやすく描いた本作。 一昔(いや…もう令…

映画徒然日記Vol.21「イコライザー2」

「イコライザー2」監督 アントワーン・フークアキャスト デンゼル・ワシントン、ペドロ・パスカル、ビル・プルマン 前作を、一年ほど前に見ているはずなのだが全く覚えていなくて、10分ほど見て「あれ?これ、見たな・・・」と思い、2を鑑賞。前作を見ていな…

映画徒然日記Vol.20「マーニー」

「マーニー」 (1964・アメリカ) 監督 アルフレッド・ヒッチコック 音楽 バーナード・ハーマン キャスト ティッピ・ヘドレン、ショーン・コネリー 何年ぶりかのお久しぶりのヒッチコック作品。 こちらは、動物パニック映画の原点「鳥」のあとに撮られた作品。…

映画徒然日記Vol.19 「ハードエイト」

凄まじい台風が吹き荒れています。 甚大な被害が、全国で起こっております。 こういう日は、もうまんじりともせず家で映画でも見てるのが一番利口だと思っております。 「ハードエイト」(1996・アメリカ) 監督/脚本 ポール・トーマス・アンダーソン キャ…

映画徒然日記Vol.18「健さん」

邦画を代表する俳優というと皆さんは、誰を思い浮かべますか? 黒澤映画の常連の三船敏郎、仲代達矢。 48回寅さんを演じた渥美清。 怪優と言えばこの2人、緒形拳、三國連太郎。 今や日本映画界に欠かせない、役所広司、佐藤浩市。 まぁ、あげりゃキリがない…

映画徒然日記Vol.17 「ジョーカー」

本当に、今年は映画豊作年のような気がする。 ここのブログでは、紹介していないが 「存在のない子供たち」 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」 など、10年に一本と言っても良いぐらいの作品が目白しだったが・・・。 遂に、10月4日。 この作…

映画徒然日記Vol.16「少年」

久しぶりにこんなに映画を見ている気がする。 ってことは、久しぶりにこんなにブログも書かねばならない・・・。 「少年」(日本・1969) 監督 大島渚 脚本 田村孟 キャスト 阿部哲夫、渡辺文雄、小山明子、木下剛志 去年、第71回カンヌ国際映画祭にて是…

映画徒然日記Vol.15 「二つ目の窓」

私の趣味は、「映画鑑賞」なのだが もう一つ、「旅行」という物も一応ある。 一応というのも、最近趣味とは呼べなくなってしまうぐらい 「旅行」に行けていないからだ。 何故行けていないかと言うと、まぁよくある理由で 「仕事が忙しいから・・・」 現実逃…

映画徒然日記Vol.14 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」(後編)

昨日は、何かにとり憑かれたかのように 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」について、 書いてしまいました・・・。 感想だけにしとけばよかったかなと、反省しつつ あそこまで書いちゃったなら、後編も続けて書いてしまおうと開き直って 今…

映画徒然日記Vol.13 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」(前編)

私は、1989年(平成元年)生まれなのだが その年、ある巨匠と言われた映画監督がこの世を去った。 その名は、セルジオ・レオーネ・・・。 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウエスト」(1986年/イタリア・アメリ カ) 監督 セルジオ・レオーネ …